JS3Wizzardでの展開、再梱包方法

はじめに。

JS3Wizzard.をダウンロードしてきて、
いざ使いましょうという段階から説明をしていきます。

まずは「基本設定」の「オプション」項目を見てください。
左の画像のような感じだと思います。

「2)自動展開」の項目を見て
「自動展開レベル」「未展開.ppのチェック」
を、確認してください。
ssのようになっていれば、
JS3Wizzard.が起動するたびに
自動的に人工少女3の
dataフォルダの中にある未展開の.ppファイルを
自動的に展開します。
当然はじめての起動の場合、
dataフォルダ上のすべての.ppファイルが展開されます。

※すでに展開されている.ppファイルは
新しく展開されません。

ハードディスクに余裕がない場合は
「未展開.ppのチェック」 を False に設定しておくと
自動で展開されません。

では、js3_00_00_00.ppを展開してみます。
左のssでは反転カーソル(青い帯が入っている状態)
がjs3_00_02_00.ppにありますが、
上にずらしjs3_00_00_00.ppに反転表示状態にしましょう。
その状態で、JS3Wizzard.のウインドの右上にある
「展開」という文字をマウスでクリックします。
すると、人工少女3のdataフォルダの中に
「js3_00_00_00」というフォルダが出来ているはずです。

※オプションで自動展開に設定している場合は、
 すでに自動で展開されている状態なので
 この作業が必要なくなるということです。

自動で展開する設定にしている人には
こんな説明は要らなんじゃないか?なんてことはありません。
.ppファイルと展開フォルダの関係は
常に中身が一緒ではないからです。

とりあえずやってみないことには
中身が一緒でなくなると言った意味がわからないので
先に進みます。
実際にjs3_00_00_00.ppの展開先である
「js3_00_00_00」フォルダを見てみましょう。
.lstという拡張子のファイルがずらりと並んでいます。
はじめて見る人はlstファイルが
正体不明のアイコンになって見えているため
ssの様には見えていないはずです。

lstファイルのプロバティを開いて、
メモ帳、もしくはエクセルなどの表計算ソフトで開く設定にしてやることでそれらのプログラムで中身を弄くれるようになります。

私の場合は基本的にはメモ帳を利用してます。
そのためssではメモ帳のアイコンが
ずらっと並んでいるわけです。

さてさて、いよいよlstファイルを弄る段階に突入します。

例にとったのは髪型を追加する際によく弄るリストの
「js01_00_00.lst」です。
左のssでは47行目から61行目が見えてます。

51行目が前髪
52行目が後ろ髪
53行目が横上
61行目はまつげ

のキャラメイク時での髪型ボタンに対応してます。

※髪型の種類がとてつもなく多いのは
私が大量に髪型を導入しているためです。
各リスト追加で言えることですが、改造の種類によっては
関連しているlstがひとつではないために
複数のリストを弄って、初めてゲームで使えるものもあります。
MOD導入の際には、
リードミーなどをよく読んで実行してください。

とりあえずリストを弄ったものとして話を進めます。
LSTファイルに何がしかの改変をおこなってsaveで保存。

この段階で初めて.ppと展開したフォルダの中身が変わります。

JS3Wizzard.に戻って(もしくはここでJS3Wizzard.を再起動)して
弄った.ppファイルを選択。
JS3Wizzard.のウインドウ右上にある「再梱包」ボタンを
マウスでクリックするとフォルダの中身を同名.ppファイルに
差し替えます。

※最梱包作業をすると、古い同名.ppファイルのバックアップを
dataフォルダ内に作成します。
js3_00_00_00.ppのバックアップファイルは
js3_00_00_00.001.pp 
js3_00_00_00.002.pp といった具合に増えていきます。
不要であるならば削除していかないと
ハードディスク容量がえらいことになっていきます。
ほどほどのところでバックアップをとり、
JS3Wizzardの作成したバックアップは
削除していくと良いでしょう。
改造前に事前に別フォルダなどにバックアップを
取っておくことを推奨します。
これらの方法の応用で、
衣装.ppのファイルの展開、一部差し替え、
再梱包をおこなえば、下着だけ取り替える。
なんて用途にも使えます。
人工少女3の改造においてもっとも使う
.ppファイルの展開、最梱包。
人工少女3を改造するならば、
覚えておいて損は無いと思います。

JS3 Wizzard

◆できること(私の使っている範囲なので他にもいろいろできると思います)

 ・PPファイルの展開、再梱包
 ・キャラデータの管理、コスデータの管理
 ・mqoファイルやテクスチャの埋め込みなど


ppファイルの展開、再梱包ができません

 ・JS3 Wizzardで展開、再梱包が可能です。
  JS3 Wizzardの右上あたりを見ると使用方法もわかるかと思います。


◆PPファイル展開してでてきた、..lstファイルって何で編集するの?

基本的にはWIN付属のメモ帳で編集可能。エクセルだと見やすいらしいです。
(私はメモ帳で編集しています)


◆新規のppファイルってどうやって作るの?

 ・適当なPPファイルをコピーして、ファイル名を変える。
  JS3 Wizzardで追加したPPファイルを展開。
  必要なデータを展開された同名フォルダに入れて最梱包。
  (他のツールでも新規のppファイルを作成できる)